2014-02-19

デブサミ2014 14-D-4 / 長沢さんのセッションを聞いてきました!

デブサミ歴数年、過去にも長沢さんのお話は聞く機会がありましたが、長沢さんのセッションのBlogを書くのは始めてになります。

セッション資料

お話を伺った理由


デブサミに限らず、色々なところで長沢さんのスライドや講演を目にする機会がありまして、その『エバンジェリスト』としての姿勢にはとっても引きつけられるようになり、まあ、いわゆる『ファン』になってしまいました。(追っかけまではしていませんが)

それから、呟きや講演に出てくる仮面ライダーネタも、子持ちの奥様には共感したり笑えたりするものが多く、これもポイントが高いのでした。

さて、昨年末。そんな長沢さんが、Microsoftから離れるという、衝撃の情報が流れました。
えええー?フリーになるんですか?世界を渡り歩いちゃうんですか??』と思ったものの、年明けすぐに、さらに衝撃が。
Atlassianに入社とのことで、もう、ホントにびっくりしました!

情シス部門のわたしは、デブサミに通っていなければ多分知らなかった会社です。
しかし、デブサミやチケットシステム関連の話題、JenkinsのWikiなどを通し、そのユニークさや製品は知っておりましたので、これはインパクトが大きかったです。

コーヒースポンサー席をGET!


当日は雪になってしまい、わたしも仕事が詰んであったのでだいぶ迷ったのですが、やっぱりライブでの講演は聞きたい!...ということで、午後から雅叙園へ。

もちろんお席はいっぱいになっていましたが、おかげさまでコーヒースポンサー席で落ち着いてお話を伺うことができました。(ちょっと遅かったら、スポンサー席も埋まってたかもしれません)

エバンジェリスト、登壇!


準備中の長沢さん。指に黒曜石が装着されているのも、来場者は見逃していませんw

デブサミ恒例の、学校のチャイムのような音が鳴り響き、いよいよエバンジェリスト登壇となりました。

その際、なにやら『ソフトウェア開発ツール』『プロジェクト管理』『アジャイル開発』と書かれたボードを手にしていたのですが、それをポイッと捨ててしまわれました(^^;

特定のツールのお話をするのではなく『開発の現場の環境』についてのお話ということで、ボードを投げ捨てたようです。奇抜な格好はされてませんが、インパクト大!
ライブならではの楽しさですね。



実は、『キャー!ながさわさーん!』と書いた紙を隠し持っていたのですが、それを掲げるのは恥ずかしくってできませんでした…。

以下、お話の内容


では、真面目にお話の内容を記録してみます。(長沢さんの意図していることと外れていたら、スミマセン!)割とTweetしていたので、そちらのまとめ的な内容になります。

序盤 / お話の内容、アトラシアンについて


まずは安定の仮面ライダーの話題からw
『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』の公開前のファンの投票結果で、上映内容が決定するという、一般ユーザ参加型の企画を紹介。(公開は3月29日です!みなさん投票してみましょう!)

このライダーの例は、『今まで映画のストーリー作りに関わってこれなかったユーザも、ソフトウェアの力で参加できるようになっている』ということの例として取り上げたそうです。(※このアイスブレイクは、スライドには含まれていません。ファンサービス!)

そして、ユーザを巻き込み、あらたなビジネスへのチャレンジを可能にするのがソフトウェアの力、そしてそこで一番活躍できるのが開発者である、と述べられていました。

続いて、アトラシアン日本オフィスについてのお話です。
こちらも、『社員にとって、リラックスしつつ生産性を高めるために配慮した』故のオフィスだということでした。
Atlassian自体が、環境を大事にしている会社なんですね

本題1.  開発現場の資質がものすごく問われる時代


では、本題。
まずは開発だけでなく、ビジネスを生むための環境そのものが複雑化し、辛い時代になっているよ、というお話。

  • 価値を迅速に提供し続けることが求められる。ある意味つらい時代。
  • 開発現場だけが気持ちよくてもだめ。ユーザさんにもそう思ってもらいたい。
  • コード書く段階で、ユーザさんのことをつねに意識することが必要。
  • 自分たちの作ったものが、ちゃんと届いているか?ユーザの望むものなのか?フィードバックを迅速に受けて、開発に取り込むことができるのか?を、つねに把握する必要がある。
  • 開発現場の資質がものすごく問われる時代。

本題2. バランスが大事


開発の手法で取り上げられている、プロセスやツール。でも、それ単体であったり、偏っていたりしてはダメ、という’お話。
  • 継続的デリバリーの重要性。分かりやすい言葉で言うと、心技体。
  • 心技体のバランスが大事。あるプラクティスをやりたい、アジャイルをやりたい、ツールをやりたいから、ではダメ。
  • これからは、このバランスを意識することが大事。
  • 一人スーパーマンがいればいい、ではなくて現場がスーパーになることが大事。
  • 現場がうまく行けば、BMLのサイクルがうまくまわるはず。
  • 実際に、デブサミでお話をしているような会社は、それが上手くいっているからこそ。
  • 今の時代は、いろんなデバイスを通じた形で、末端のユーザにサービスを届け、ビジネスに繋げる必要がある。
  • それゆえ、開発を取り巻く状況は、複雑で難しくなっている。

本題3. 実測駆動型の開発を


型にはまったビジネスモデルが見通せないからこそ、実測駆動型の開発を目指しましょう、というお話。


  • 建築は非常に成熟しているので、最初にきちんと設計し、作っていくことが可能。
  • ソフトウェアはどう?ビジネスモデルやテクノロジーが変わっているので、最初にきちんと定義したものを当てはめるのは難しくなっている。
  • パッケージだけでは対応できないケースが増えている。
  • 実測駆動な開発、やりながら状況を見て、その時にベストなものを選択しながら進めて行くやり方は、今のソフトウェア開発に合っている。
  • ソフトウェア開発は試行錯誤しながらより良いものを作る、というスタイルのほうが合っている。
  • 複雑さが増している故に、知らない技術に取り組まないといけなくなってくる。
  • 時間をかけてちゃだめ。小さいながらも、ビジネスにインパクトのあるものをいち早く作るのが大事。
  • ソフトウェアを作るのではなく、『ビジネスを作る』と考えて作っていこう。

本題4.   現場をつなぎ、最高の能力を発揮できる環境を


実測しつつ、各自のパフォーマンスを最高にするために、環境を整えることが大事、というお話。

  • ユーザにサービスを届け、ビジネスを作るサイクルを維持するためには、現場間の分断があってはダメ。
  • 他部署だから関係ない、ではダメ。同じビジョンに向かって、しっかりとつながっていないといけない。
  • 統制ではなく、チーム、各自が真のパフォーマンスを発揮できる環境を整えてあげる事が大事。
  • 一人一人の資質やパフォーマンスが重要になってくるので、それを最大限に発揮できるように、現場環境を見直しましょう。

本題5.  変わるために必要なもの


ここでは、自分一人だけ変わってもダメ、全員が変わって行くためには何が必要か、というお話。変わるために、先に出て来た『環境の大切さ』をより強く裏付けるようなお話です。



  • 最高のパフォーマンスを発揮するためには、下記の3つが必要。
  • 1. モチベーション。
  • 2. 目的意識。
  • 3. より良いと思われるものがあれば、それにチャレンジし、取り入れる勇気
  • しかも、自分だけじゃなくて、みんながそう思う事が大事。
  • ただし、チャレンジする/変わるというのは時間がかかる。
  • 大人が変わるのはたいへん。子どもは3ヶ月、大学生なら半年、でも大人だったら一年はかかる。
  • 自分は変わることができても、全員変わるまで待ってたらダメ、モチベーションも落ちる。
  • 周りが、『自分も変わりたい!』と思えるようなリズム、環境を作る。環境ができれば、あとは、その人その人が、みんな自律的に変わっていける。

本題6.  協調を意識すること


協調していくことの大切さのお話。この協調のためにも、やはり環境の重要性につながってきます。
  • 『確証バイアス』という言葉がある。
  • 自分にとって都合のいいこと、過去やった上手くいったものには流されてしまう傾向がある。(成功体験がある故に)
  • 1人でやってると、この確証バイアスがかかる。新しいものではなく、実績のあるものに偏りがち。
  • しかし、複数の人と協調してやりとりをしていくことで、自分だけの考えにとらわれず、一般化した答えを出せるようになる。
  • これを繰り返すことによって、応用力が高まってくる
  • これは、DevOpsのやり方にもつながる。
  • 協調を意識して行くと、現場にとって良い環境ができてくるようになる。


本題7.  これからのツールは?


ツールについてのお話。いわゆる開発ツール自体は、現場に閉じるならば完成された域に達している。これからは、現場間を円滑につなげるツールが必要になる、というお話。
  • 今後10年、ツールに期待することは?
  • 現場/行程/作業/ロールに特化し閉じたツールはもう成熟してる。それは当たり前になっている。
  • これからは、フィードバックのループが円滑に回るように、作業間の移行、受け渡しを円滑にするためのツールが必要になる。
  • 粒度、関心ごと、表現方法、見る人が違う。意識しないと行けないゴールは一緒だけど、ロールが違えば見方も、見たいものも違ってくる。
  • それぞれの立場で、それぞれが注目し、大事にしたいものを、ストーリーやゴールが途切れることなく見る事ができるのが重要。
  • アイディアを生み出し(企画)、やることを決めて実施し(開発/タスクの実行)、成果をデリバリー し、ユーザからのフィードバック という流れ(ストーリー)が、つながるようにする。

本題8.  Atlassianの製品では?


では、Atlassianの製品では、どうやってストーリを繋げていけるか、のデモでした。



  • Atlassianの製品で言うなら、企画者にはConfluence、開発者にはJIRAが舞台。
  • 企画者は文章をじっくり練りたい。一方、開発者は文書は見ない傾向があるので、タスクとして決まったことを見て、タスクをこなして行きたい。
  • 誰が、どの視点でも、全体をとらえることができるのが大事。
  • Atlassianでは、それぞれのツール自体、もちろん機能は十分であるが、さらに『連携』しやすいように、できている。
  • これが、製品を通してLook / Feelも統一させている理由でもある。

まとめ:Atlassian / エバンジェリストの目指すもの


ここまでで、思いっきり『全部Atlassian製品で良いんじゃない!』とまで思わせるのはさすが!

  • Atlassianはソフトウェアを通しイノベーションを起こすための『ドライバー』になる会社です。
  • エバンジェリストとして、みなさんの創造と破壊のための活動を支援して行きます。前職(MS)からのエバンジェリストとしての姿勢は変わっていません。

以上、長くなってしまいましたが、長沢さんのセッションのレポートでした。

どなたかもTweetしていたのですが、長沢さんの目指すものは、本当に前職からブレていないし、お話も専門用語を使わず誰にでも分かりやすい内容になっています。

期待に違わず、はしばしに仮面ライダー用語が出現したり、ライブならではの表現/お話を聞く事ができて、本当に楽しめたセッションでした。

長沢さん、お話ありがとうございました!


* * *

わたしは、わりとCMSやチケットシステムに関わって来ていたのですが、その中でも、

 『メールもファイルサーバもあるんだし、情報共有のためのWikiやツールなんて、お金をかけるものじゃないでしょ。そのへんに転がっているものを使えばいいんじゃないの?サーバのリソースもそんなに要らないでしょ』

と言った感じで、情報共有の仕組みにはあまり価値がないというニュアンスのことを言われたことがありました(^^;

でも、コミュニケーション、他部門との連携や情報共有が『根性』でやれる時代ではなくなってきている気がします...。会社が大きくなればなるほど。
数字で効果を見える化できないと、なかなかまだ予算が取れなかったりするのも事実ではありますが、ちょっと前と違って、情報共有/連携のための基盤の導入には、追い風が吹いているような気もします。


2014-02-17

Developers Summit 2014 Enterprise TEDでお話してきました!(5枠です)

前の記事に引き続き、デブサミの件。

このままひっそりと終わらせたい気もしましたが、デブサミに関わって来られた皆さんと、それから直接の接点は少ないですが、DevLoveの皆さんにお届けしたいと思い、Blogに載せておきます。

下記、Enterprise TEDで5番目にお話させていただいた、わたしのスライドになります。


タイトルから思いっきり外れて、『奥様、デブサミに立つ』という内容で10分間の貴重な枠をいただきました。

『なぜこうしてデブサミに通っているか、なぜお話をしたいと思ったか』という、とても個人的なお話になっています。タイトルを見てご興味を持たれた方、本当に申し訳ありません…。

そもそもは2011年に書いた、自分のこのエントリがきっかけになっています。

デブサミと、それを盛り上げて下さったDevLoveの皆さんが発信したもののおかげで、こうして折れる事無く、しぶとく頑張っている自分がいます。
いつか、この記事、このスライドが、DevLoveの皆さんのお目に留まったら幸いです。

また、同じ頃に、DevLoveの皆さんを通して知った、『Fearless Change』からの一節も、今回のスライドに1つ入れさせていただきました。
この本、翻訳前に買ったのですが、全然すらすらとは読めず…。

でも、安井さんが作って下さったPDFを頼りに、時々困ったときに、そのときの自分にあった章を読み返しています。

* * *

今回のTEDを通して、色々と貴重な経験をさせていただきました。

TEDのスピーカーは、小川さん、中野さん、梅澤さん、平栗さんの5名。
みなさんそれぞれ活躍されており、とても面白い方ばかりでした。

一番没個性で、世間も技術も分かってないわたしでしたが、『ピンク』として仲間に入れていただき、今回のお話に迷っていた時に、背中を押して下さいました。

また、講師や司会を担当して下さった高柳さん、川添さん、石沢さん、荒井さん。
お忙しい中、時折気にかけては、コメントをして下さった岩切さん、本当にありがとうござました!

Developers Summit 2014: 雅叙園の、非日常についてのメモ。

今年のDevelopers Summit 2014では、コーヒースポンサーの申し込みをしました。
なぜかというと、昨年レポーターに応募した際も含め今までの経験から、ゆっくりお話を聞きたいなあ…と思ったからです。

さらに、今回はご縁がありまして、2/13のEnterprise TED枠でお話させていただく機会に恵まれました。(結果はさておき…)

おかげさまで、今まで一般の参加者として2階までしか上がったことの無かった雅叙園の、上のフロアも垣間みることが出来ました。
今まで以上に、『非日常』なDevelopers Summitとなりました。

全然テクニカルな内容ではありませんが、『来年はコーヒースポンサーに!』とか、『来年は登壇してみたい!』(特に女性のみなさん)の、何かの参考になれば幸いです。

* * *

着付けしていただきました!


まずは、突然ですが着物を着る事になりました。通常の参加だったらここまぜはせず、いつも普段着なのですが、今回は短い枠ながらも話す側…。

また、Enterprise TEDは5人のメンバーがお話する関係で、『ゴレンジャー』にちなんで、各自にキーカラーが割り当てられました。

わたしは(相当の年齢ですが)ピンクの役割。『何かピンクのものを来て下さいね!』とのお達しがあったのですが、それらしいものがありません…。

#x年前に来たワンピースがあったのですが、春物だし、試しに着てみると、とても残念な結果になってしまいました。

見苦しい姿でお話するのも良くないし…と思っていたところ、過去に女性のスピーカーは着物でお話されているケースが結構あり、当然のように『着物どうでしょう?』とのお声がけをいただきました。

正直、着物は着慣れていないし、動きにくい格好でお話に集中できるか心配。あと、着付けとヘアメイクをお願いしないといけないので、一旦はお断りしました。(しかも10分枠なので、恐れ多い…)

前日に突然予約して、着付けをしてもらいました
雅叙園で着付けしてもらいました!


が、やはりそれに替わる服も無く、『せっかく親に持たせてもらったし、こんな機会でもないと着れないしなあ…』と思い直し、前々日になって雅叙園のHPをチェック。
お値段を確認し、前日のリハーサルに合わせて、着物を持ち込んで、雅叙園の美容室に相談に行きました。

着物の状態が心配だったのですが、幸い、着付けもヘアメイクも前日でも受け付けていただけることになりました。(ただし、午後からの着付けしていただきました)
お値段に関しては、Webでの金額の通りです
挙式ではなくても着付けていただけましたし、移動の手間などを考えると一カ所で済んでいただけて、着物を汚す事もないので、大変楽でした。

おかげさまで丁寧にご対応いただき、『あまり化粧してないので、それなりに、控えめの着付けとヘアメイクでお願いします…』というリクエストにもお応えいただきました。

突然お願いしたにも関わらず、ご快諾くださった雅叙園の美容室の方、ありがとうございました!

#x年前の自分の結婚式のことを思い出し、目頭が熱くなりました…。

スピーカー控え室 (4F 竹林) に潜入!


さて、スピーカー控え室は4Fです。デブサミの控え室については、しんやさんが昨年分をBlogでまとめて下さっていますが、とても豪華!竹林、という和風宴会場が控え室になっています。
(わたしはあまり写真を撮らないタイプなので、ご容赦ください)

この竹林のお部屋、いったんとても綺麗なエントランスを通り、畳の間と金屏風を抜けての到達となります。
入り口は一般の方が入れないようになっており、わたしが控え室入りする際、見学の奥様方が入り口から垣間見えるお部屋を覗いておりました。


スピーカー控え室(竹林)に潜入!
スピーカー控え室&印象に残ったこと

受付でスタッフの方にチェックをしていただき、お部屋に入ると、座卓に座布団、壁際にはカウンターテーブルと椅子席がありました。早めの時間は意人が少なかったのですが、お昼すぎからたくさんスピーカー、関係者がいらして、にぎやかになって参りました。

畳の間ということで、お疲れの方は横になってお休みしたり…。

コーヒースポンサー控え室(3F)も潜入


さて、冒頭に書いた通り、今年はコーヒースポンサーにも申し込んでみました。
昨年までのBlogを拝見すると、コーヒースポンサーも竹林に入れたようだったのですが、今年は4Fではなく、3Fに専用のお部屋が割り当ててありました。

今回は、ペガサスというお部屋のようでした。

コーヒースポンサーについてのメモ

スポンサーの控え室も、専用の無線LANと、電源タップが用意されています。
円卓のテーブルだけでなく、ソファも複数あり、衝立てで入り口からは見えないようになっていたので、横になってお休みの方も…。

お水、コーヒー、軽食も用意されていましたし、2Fのクロークがいっぱいであっても、こちらを使えば問題無し。

残念ながら、わたしは14日のみ、少しの間しかこのお部屋を利用できなかったのですが、セッションは長沢さん中村さんのお話を伺いました。(ちなみに2日目は、雪のせいもあり、着物ではなく普通の服装です…)

テーブル&電源付きで、ゆったりとPCからTweetできるので、この状態は大満足。
一度経験するとやめられません〜。


* * *

以上、セッションとはだいぶ関係ないお話になってしまいましたが、今まで未経験だった雅叙園の2Fより上も見る事ができ、気分はだいぶ上がりました!

コーヒースポンサー、じっくり2日間デブサミのお話を聞きたい方は、オススメです。

着物についても、本当に少しの間着ただけですが、会場を歩くとスタッフの方が丁寧に案内して下さったり、TEDのメンバーの皆さんがお荷物を持って下さったりと、普段に無い丁寧な扱いをしていただけて、ほんとに舞い上がってしまいました。

(自分のお話は、まあさておき…)

あとは、何よりも、この回を最後に、岩切さんがデブサミの担当を離れられるとのことで、その最後のご担当の回に、着物でご挨拶できて、本当に良かったと思いました…。

2014-02-15

伝える技術。

毎年楽しみに参加している、2014年のデブサミ (Developers Summit)。

今回は、お話を伺っている時間は少なかったのですが、参加型&コーヒースポンサーになってみるなど、今までにない事もしてみました。散財?もしましたが、とても楽しい経験をさせていただきました。
そちらについては、また別に書こうと思っています。

* * *

さて、デブサミ用に、今回はフリー画像を探すのではなくて、いくつか絵を描いてみるという試みをしました。
画風とかは、多分好みな方もそうでない方もいらっしゃると思いますので、見苦しかったら申し訳ありません…。

個人的に、「デブサミや勉強会で刺激を受けても、職場で話すと自分の想いがうまく伝わらない」という状況を絵にしてみた、1枚があります。

なんだか気に入っているので、簡単ですが投稿してみます。

現場を明るくする、マッチは要りませんか〜。

セッションのいくつかで、もっとアグレッシブに活動していても、自分の考えを回りにも広めていく/理解してもらうことが難しかったといったお話がありました。

でも、本当は、『伝える』技術も必要なんですよね。

エバンジェリストの講演を見て、そう思いました。

凍えないように。

自分の中に灯ったモチベーションの火を消さないように。
ほのかに、ゆるやかに揺らめいて、周りを少しずつ照らしていけるように。
そして、共感してもらえるように。

もちろん、伝えるためのアクションを起こす事が第一歩。
発信しなければそもそも伝わらない。

伝える技術と、計画を立てて道筋を示す技術は皆無なので、こちらを精進していきたいと思います。


2014-01-07

執事が燃え尽きちゃったのでしょうか?白すぎます…。

久しぶりに、Blog側への投稿となります。

最近はQiitaやGistなどもちょこちょこ使ってみて、こちらの更新頻度が少ないのですが、コメントなどいただけましたら、できるだけお返事をさせていただきますので、2014年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

さて、2014年最初のエントリは、お正月休み明けの執事 / Jenkinsさんのお話です。

年末に執事を酷使しすぎたせいでしょうか。年明け、担当のJenkinsにアクセスすると、画像やスタイルが適用されてないという状況に遭遇してしまいました!

あれれ〜と思って、その他2つのJenkinsを確認したのですが、そのうちもう1つは問題なく、もう1つは同じ現象になっていました。

Static fileがロードされないので、白い画面に…。
どうやら、cssやら画像ファイルが、軒並みNot Found (404) になっちゃっている模様です。

フロントのWebサーバのせいかなと思ったのですが、8080番で直にアクセスしてもcss, 画像が抜けて画面が白いままです…。

2013-10-15

IntelliJでAIRのアプリを作ってみる。

相変わらず開発系のお仕事ではないながら、運用しているアプリのお守りをするためにIntelliJを使う日々です。
機能は使いこなせてない分、あまりこだわりが無いので、なんとなくアップデート情報につられて、最近IDEA 13にアップデートしました。

Adobe Flex/AIRの開発も可能ということで、前々から気になっていたところ、ちょうどサムライズムさんのTweetでも、Flex/Airについての記事の紹介を知りました。

いつもながら『やってみた』レベルではありますが、動かすところまでは試してみましたので、レポさせていただきます。

2013-10-04

WordPressの運用にJenkins / IntelliJ / wordmove を使ってみる。

相変わらず自分でアプリを作れず、OSSのツールを使って色々お仕事させていただいている日々です….。(もちろん、それはそれで楽しいです!)

現在はPloneに代わってWordPressの環境構築/調整の作業が増えています。
(※サービスや外に出すお仕事ではないです)

とは言え、WordPressの経験はそんなに長い訳でもなく、phpがちゃんと書けるわけでも無いのですが、サーバ管理面/運用面でいくつか工夫してみていることが溜まってきたので、記事を書いてみます。

今回も、Cacooを使った図も載せてみます。まだまだ良くわかっていない点、知らない点がたくさんありますので、WordPressに詳しい方をはじめ、皆さんからのアドバイスやご指摘をいただけると幸いです。