2011-10-28

WordPressの移行 (サーバ名変更とReverse Proxy下へ移動)

テストで動かしていたWordPressですが、ログイン時と認証後のアクセスはオレオレ証明書にてHTTPS化して運用していました。 こちらを、なんとか正規証明書の下で動かすことに。
ただし、自ホストで正規証明書を利用することは運用上難点があったので、リバースプロキシにHTTPS化してもらうことになりました。
今までアクセスしていたホスト名はDNSを変更して、リバースプロキシ側に譲ります。一方、WordPressを稼働させていたホスト自身は、また別の名前に付け替え。
* * *
リバースプロキシの設定も、ホスト名の変更もそんなに手間はかかりません。 ホスト名変更の場合は、/etc/hostsと/etc/sysconfig/network を変えて、再起動でOK。
再起動を待ち、「いざ、WordPressにアクセス!」となったのですが、何か変..
  1. アップロードした画像が表示されない。
  2. ログイン画面に遷移し、正しいアカウント&パスワードを指定してもログインできない
ブログサービスは無料のBloggerとかを利用していて、運用は全然知識が無かったのですが、やってみると色々調整が必要なんですね。(でも、自前でBlogを立てる需要は無いと思いますが…)

2011-10-04

hg commitで文字コードのエラー

Gitも怪しいのですが、Pythonのsetuptoolを使ってhgがサクッと入ってしまったので、少しためしてみることにしました。

単純にcloneして更新して、commit して pushするので大丈夫かな…と思い、テスト開始。
hg diff で差分もチェックできて、次はコミットです。

が…。

# hg –m ‘更新しました’ commit
更新したファイル名
transaction abort!
rollback completed
abort: decoding near 'てすと': 'ascii' codec can't decode byte 0xe3 in position 0: ordinal not in range(128)!

なんと、コミットが通りません!

心をひとまず落ち着けて良くみると、
この文字は、Pythonの文字コード関連で良く見かけたエラーです。Pythonの文字コードを、デフォルトutf-8にしたい場合は、そういえば sitecustomize.py を書いてライブラリに置けばいいというのが定石だったので、さっそくその通りに。

でも、まだエラーが治りません…orz

またもGoogleさまにお世話になると、環境変数 HGENCODING というものを指定すれば良いらしく、こちらでutf-8を指定するとOKになりました。

# export HGENCODING=utf-8
# hg commit -m 'てすと'

committed changeset 2: xxxxxxxx

別な方法もあるのかと思いますが、ひとまず .bash_profileなどに設定を記載して、こちらの問題はなんとかなりました。