2013-07-06

失敗の記録は財産 ~ Discard Old Pluginを使ってみました。

わたしは、定型ジョブを cronやWindows タスクスケジューラでうまく扱えない時や、ジョブの所要時間の検証のために、Jenkinsを使って記録を残すようにしています。

今回は、トラブルの事例をふまえて、ジョブのチェックに役立つプラグインや感じたことをご紹介します。長めのエントリなので、お急ぎの方は、文末をご覧くださいませ。

2013-07-04

勉強会のお手伝いをしました。

久しぶりのBlogへの投稿です。

先日、shinagawa.redmine 勉強会のお手伝いをさせていただきました。

勉強会のノウハウに助けてもらいました

会場での対応担当で、これといったことはしていないのですが、勉強会対応としても、勉強会参加としても久しぶりになります。

職場では、社内外のいろんな勉強会が開催されているのですが、わたしはあまり手順を知らなくて、お引き受けしたものの、『どうしたものか...』という状態でした。
過去に一回、Redmineがらみで対応をしたのですが、他のイベントの便乗だったので、空調や入退館をはじめ、やりかたが良くわかりません…(><)

まずは、社内有志による、勉強会対応のノウハウをまとめたWikiを参照し、やることの大まかな流れをチェック。
加えて、専用のMLで質問させていただき、どうすればいいかなど、色々教えていただきました。

おかげさまで、当日は、現地コーディネーター?1名でも、なんとかなりました。

が、実は空調の設定がよくわからず、出社されていた総務の方に助けていただきました。本当に感謝、感謝です。
(蒸し風呂状態での勉強会で、皆さんに大迷惑をおかけするところでした...)

また、ワイヤレスマイクについても、最初どれがそうか判らず、 あとで職場の方にこっそり教えていただいたりしました。

開催中の雰囲気

今回は『ワーク中心』というふれこみで、思ったより人数が控えめだったようです。(30名ほど+スタッフ)

講師はデブサミでチケットシステム対戦などで講演をされ、Redmine本も書いていらっしゃる小川さん&阪井さん。

開発者や運用担当者だけでなく、マネージャーや業務改善を考える立場向けの講演&ディスカッションがあり、とても刺激になりました。業務系のタスク管理やCRMとしての使い方についても、いろんな案や事例が出されています。

わたしはワークには参加せず、「自分のところでも、そういうのあるある~」と思いながら、会場後方でお話を伺っておりましたが、なかなか皆さん良い雰囲気だったと思います。

 

社外の勉強会をお招きすること

残念ながら、『勉強会やイベントに出たら、懇親会出なきゃ意味ないよね〜』というご意見は判らなくもないのですが、わたしは家庭の事情でそのようにはできません…。そもそも参加自体も難しいところです。

かろうじで参加したとして、普段の勉強会は、講演中心なので、懇親会にはまず出られない私は、直接スタッフ/主催者の方とお話をする時間があまり取れません….。デブサミや過去の勉強会を通しても、今回いらしたかたがたとはご挨拶はしているのですが、それも1〜2分程度でした。

まいどまいど、羨ましいと思いながらも、今回勉強会をホストすることができたおかげで、たくさんのお話を伺うことができました。

また、今回はワークの時間を50分くらいずつ設けていたため、参加者がグループでディスカッションしている間、会場後方で会場スタッフとして座っていた私のところに、小川さんをはじめ、スタッフの方がお話をしに来て下さいました。

なんだかんだで、勉強会のメリット>> 開催のコスト という感じです。

自分が知りたいことがあったら、まず自分の事例を話す/自分のところで勉強会を開催する、というやり方で、今後も細々とOSSなど外の世界と関われたらいいな〜と考えています。

* * *

さて、会としては盛り上がったらしく、お世話になっているRedmineに関して、少しばかりお役に立てたようで何よりです。

もちろん、自分ひとりでやっているわけではなく、職場でこうした活動を受け入れてくれる・支援してくれる環境があることが一番大きいです。先人のノウハウにも助けていただきましたし、家族の理解があって対応することができましたので、それについては、ひたすら感謝するばかりです。