2010-01-05

TortoiseSVNのインストール / 設定

Subversion関係の話題はネットにはたくさんありますので、わたしが書くまでも無いのですが、Redmineを使っている関係でSubversionにはお世話になりっぱなしです。また、PerlやRubyといったスクリプト言語だけでなく、VisualStudioで開発している .NETのコードも、Subversionで管理したりしています。この関係で、いくつか覚書のようなものを書いていこうと思います…。

TortoiseSVNインストール

Windowsのインストーラーをダウンロードしてインストール、その後に日本語化パックを適用させます。

ダウンロードサイト: http://tortoisesvn.net/downloads

  1. “Download Application”から、最新版(Installer)を選択します。
  2. “Language packs”から、JapaneseのSetupを選択します。
  3. Installerを起動してインストールします。完了すると、OSの再起動を促されます。(再起動しないと完全に設定が反映されないという意味なので、すぐにTortoiseSVNを使いたいというのでなければ、あわてて再起動しなくても大丈夫…)
  4. 続けて、日本語化パック(上記の2)をインストールします。

TortoiseSVNはシェル拡張なので、インストールしても、直後にアプリケーションが起動する、というものではないのでご注意。

まず、ウインドウの適当な場所で右クリックします。カメのアイコンとともに”TortoiseSVN”というメニューが出ますので、TortoiseSVN –> Settings という順で選択すると、設定画面が表示されます。

 TortoiseSVNの日本語設定

"General"から、”Language”の設定で言語を切り替えれば、日本語メニューでの利用ができるようになります。

コマンドラインからの利用

TortoiseSVNは、基本はGUIでの操作になります。

ですが、バッチ操作を行いたい場合、コマンドラインから操作できるほうが便利だったりします。Subversionのコマンドライン操作には、svn.exe という、一番シンプルなコマンドライン専用インタフェースがありますが、TortoiseSVNには含まれていません。でも、『TortoiseSVNとsvn.exeを両方入れないとだめなの?』かというと、そうでもありません。

TortoiseSVNは、TortoiseProc.exe というプログラムを通して操作できます。

 

TortoiseSVNをインストールすると、TortoiseProc.exeへのパスが通るはずなので、適当にcmd.exeでプロンプトを開いて、以下のような感じで実行できます。

たとえば、Redmineのconfig(trunk)のディレクトリ一式をエクスポートする場合は、以下のようになります。

C:\Users\akiko>TortoiseProc /command:export /url:"http://redmine.rubyforge.org/svn/trunk/config" /path:C:\Temp\config /closeend

*.batなどのファイルを書けば、ジョブでsvn.exeを使うのと同じように、updateやcommitを行うことができます。

0 件のコメント:

コメントを投稿