2011-07-24

Cacooのステンシル使ってみました。

お仕事でFlash(Flex)アプリをちょっとやっていたので、そもそもFlashベースらしいCacooには親しみを感じていたんですが、いつの間にか、Cacoo大好き人間になってしまいました :)

そうして、今回は初めてのCacooの話題になります。

* * *

先日、ステンシル機能がリリースされたということで、さっそく試してみることにしました。(使う当てはないのですが…)

何にしようかな~と思って、最初に登録したのは、アイコン替わりにしている、うさぎの絵です。

Cacooのステンシルの中には、人物やフェイスマークなど、グラデーションが綺麗で可愛いものも多いので、わたしもそれに近いものが登録できるといいな…と思った次第。

イラストレータで作成し、SVGに変換し、登録!とまでは割とスムーズに進んだのですが、Cacoo上に上げてみると、色味が変わったり、透明度指定していたものが無効になっていたり、グラデーションが消えてしまった部分がありました。

この件については、Cacooの方が教えて下さり、のちほどCacooのBlogでも作成時の注意が書かれていたので、納得。ありがとうございます。

それでも、やっぱり『自分で書いたものを取り込めるなんて、凄い~!』と思うばかりでした。

redbull

さて、うさぎに続いて、何がいいかしら…と思って、取り上げた素材がRed Bull…(^^;

どうもIT系の皆さんに人気のようらしく、最寄りのコンビニでもドリンク剤コーナーに並んでいたのを思い出し、さっそく描いてみることに。

ただ、わたしはイラストレーターはあまり使いこなせていないので、どうやったら空き缶や円筒形のものが描けるか、まったく見当が付きません。(実は、普段はFlashの鉛筆ツールで描いて、イラストレーター形式に変換するという方法を取っているのでした)

「イラストレーター、缶」というキーワードで検索してみると、有難いことに、3Dのフィルタを使うという技を発見!

半信半疑でやってみると、ホントに缶らしくなるではありませんか!

そして、調子に乗ってラベルも書き起こしてみると、やはりうまく3D風の缶に貼り付けが出来た!

 

harituke

 

「これはイケる~!」と大喜びでSVGに変換し、Cacooに取り込んでみると……。

……『重い』のです。

よーくデータを見てみると、3Dの陰影と曲線を描くために、線のデータがびっしり詰まっているんですね。お手軽にしかも綺麗に出来た、と思ったけれど、ステンシルとしては使え無さそう…。

パスの単純化をすれば軽くなるかな、と思いましたが、それでもあまり変わりません。(良い方法があればどうか教えてくださいませ)

結局、楕円と長方形を組み合わせて円柱を描き、グラデーションを付けてそれっぽくする、という方法にしました。

* * *

わたしの描いたものはあまり綺麗ではないし、大人気のRedBullのことですから、おそらくどなたかが今後ステンシル化してくれるのではないでしょうか(^^;

それにしても、久しぶりにBlogを書いてみる気になったのですから、Cacooって凄い!

もっと上手に使えるように、がんばります~。

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿