2012-05-01

Bitbucketにお引越しさせてみた。

既存のjQueryのライブラリを拡張して、適当に作ったので、あまり宣伝?していない小さなプラグインがあります。ただ、一番凄いのは、タブ用のjQueryライブラリを公開して下さった David Tang さんで、わたしはタブ用の画像をちょっと変えて、サイズ、位置を微調整したくらい..。

ライセンスとかもきちんと考えていなかったので、先方に確認しないといけない状態です。
※オリジナルのソースは、こちらです。 https://github.com/skaterdav85

さて、わたしのRedmineプラグインのソースを、GitからBitbucketに持っていくことにしました。
もちろん、Githubでも問題ないのですが、Bitbucketはプライベートリポジトリが無償で作れるということなので…。

お引越しには、WebのGUIを使ってみました。

import-bitbucket

そもそもGithub上でもプライベートではなかったので、URLを指定するくらいで、インポート作業が始まりました。

ステキなことに、インポート中のログが、黒いコンソールのような画面の上にバリバリと流れていきました。単純に…%進行中、といったプログレスバーだけでも出るのかな、と思っていたのですが、そういった想像の上を行っていて、見ていて楽しいものでした。

さらに、ご丁寧にも、インポート完了の旨は、メールでも通知がありました。

* * *

ちなみに、インポートの設定時、『やった~!うまくできそう!』と喜んでいたんですが、リポジトリのタイプにgitしか選択できないことに気が付いて、『あれ、gitのままじゃん』と首をかしげる自分…。

BitbucketというとMercurial、というイメージがあるせいで、git –> mercurialにインポートできると思い込んでおりました…orz

当然ながら、Github上のgitリポジトリなので、Bitbucketで取り込む際もgitになってしまいます。(というか、gitしか選べなかった)

参考までに、作っている小さなプラグインは、下記のような、単純な機能のプラグインです…。これを設置したおかげで、意外とユーザ共通のフォーラムが利用されるようになりました :)

sitefeedback

0 件のコメント:

コメントを投稿